重曹でナチュラル生活!知っておきたい重曹を使ったお掃除方法


自然から生まれた天然素材の重曹。最近では料理や掃除など、幅広く利用されていますね。
昔から使われてきた重曹ですが、一体どんな掃除に使えるのか?

今回は、初心者にもすぐ分かる、重曹でできるお掃除方法をご紹介します。

重曹の基本的な使い方

●直接振りかけて使う

重曹を汚れ部分に直接ふりかけ雑巾やスポンジなどでこすります。重曹は傷を付けにくいため、茶渋の付いたカップや鍋、シンクなどに振りかけて磨きましょう。

●水に溶かして使う

重曹は水に溶けにくいため、お湯に溶かすようにしましょう。1リットル程度のお湯に重曹を大さじ4杯入れて水溶液を作り、スプレーボトルに入れて汚れに吹きつけます。

手垢やタバコのヤニが付いた場所での拭き掃除や、冷蔵庫の拭き掃除などで使います。

●ペースト状にして使う

重曹ペーストは、鍋に水を300cc、片栗粉を大さじ1~2杯程度入れてから煮詰めます。ある程度煮詰まったら液を冷やし、重曹を大さじ2杯入れてからかき混ぜます。ペースト状になったら適当な容器に入れて使用します。

タイルの目地汚れや、コンロの五徳にこびりついた油汚れを落とす際に使います。

重曹を使って掃除するのに適している場所

重曹その性質上、油汚れや皮脂汚れなどの「酸性」の汚れに強く、人体にも無害なので台所やお風呂周りの掃除に適しています。

●油汚れが多い台所近辺
汚れた換気扇の羽を、重曹を溶かしたお湯につけると油汚れがスッキリと落ちます。他にも、フライパンのこげ落としや、排水溝に重曹を振り掛け臭いを取ることに利用してみましょう。

●皮脂汚れが多い洗濯物

合成洗剤が肌に合わない、アトピーのお子様などがいらっしゃるというご家庭では、重要はおすすめです。普通の洗剤と同じ容量の重曹を入れるだけで洗濯ができます。

●浴室などのお風呂周辺

バスタブに重曹をふりかけスポンジで軽くこすったり、目地汚れを落したりするのに重曹は活躍します。また、重曹は入浴剤と同じ効果を持っているため、浴槽にお湯を張ってから重曹を大さじ2~3杯入れる入れる事によって、入浴剤代わりになります。

重曹で掃除をしてはいけない場所

・畳、井草などの天然素材
・コーティングされていない無垢なフローリング

重曹は決して万能ではありません。当然使ってはいけない場所もあります。
天然素材を使った素材は、中にあるタンパク質と重曹が化学反応を起こしてしまい、落とす事のできないシミを作ってしまいます。表面に加工をしていない物以外は、重曹での掃除は避けてください。

まとめ

重曹は人体にも無害な天然素材なので、台所やお風呂など人の身体に関係する場所には最も適した素材だと思います。アトピーや洗剤負けをしてしまう方でも安心してお使いいただけますので、ぜひお掃除の際に使って良さを実感してみて下さい。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする