朝までぐっすり快適な睡眠を!枕を選ぶ時の4つのポイント


快適な枕は、毎晩気持ちよく眠るためには欠かせないアイテムです。
しかし、自分に合った枕を見つける事は意外と難しいですよね。

今回は、快適な睡眠をとるための枕を選ぶポイントをご紹介します。

枕の選び方

ポイント1:アレルギー源カットの枕

枕を含めた寝具は、ハウスダストなどアレルギーを引き起こす原因となる物が溜まり易いそうです。喘息やアレルギーがある人にとっては、顔に直接触れる枕はアレルギー源カットのものを選ぶと良いでしょう。

購入する時に表示を確認してみてください。

ポイント2:フィット感

頭をのせたときの首や肩の位置がフィットするものを選ぶと、快適に眠ることができます。枕が高過ぎても低過ぎても、首や肩が痛くなったりする事があるため注意が必要です。

自分専用枕が作れるようなお店では、購入時に首と肩の高さを調整して作りますが、通常のお店で購入する場合は試すのは難しいでしょう。

ですので、現在使っている枕の高さを測って、同じ高さに近い枕を購入されることをおすすめします。一般には女性が3cm弱、男性は4cmぐらいと言われていますが、個人差があるため自分の好みの高さを知っておくと便利です。

購入後、家庭でビニール袋から出す前に頭を乗せてみて、高過ぎたり低過ぎたりして合わない場合は取り替えてもらいましょう。レシートも捨てずに取っておくことが大切です。

ポイント3:素材や硬さ

枕には様々な素材があり、硬さもそれぞれです。

そば殻はヒンヤリ感があり夏場には快適ですが、頭を動かすと音がするのがデメリットかもしれません。

ポリエステル系はふんわりして安価ですが、熱がこもり易く、長く使うと平べったくなってきます。

羽毛はふんわりして高級感がありますが、羽根や骨がとび出てきたりすることがあります。

それぞれの素材でメリットやデメリットがあるため、枕の特徴をネットで検索して理解してから、自分に合ったものをチョイスすると良いでしょう。

ポイント4:丸洗い出来る

枕は汚れがつきやすく、こまめにカバーを変えて衛生的に保つ必要があります。とは言っても、長く使っているとカバーを被せていても黄ばみや臭いがついてしまいます。

丸洗い可能なものだと、枕自体も清潔に保つことができるのでおすすめです。

まとめ

今使っている枕は快適ですか?そろそろ、変え時ではないですか?
たかが枕と侮るなかれ。枕は快適な睡眠には、とても重要なアイテムなのです。
今回ご紹介した枕を選ぶポイントをしっかりと抑えて、自分に合った快適な枕を選んで、気持ちよく朝までグッスリと眠れると良いですね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする