メルカリ初めての出品におすすめなものは?出品時~発送の際の注意点


スマホで不用品の売買ができるフリマアプリ、メルカリが人気です。

顔の見えない個人間取引なので、始める前は気になりつつも躊躇していましたが、実際始めてみると自宅保管の使用しないものを比較的簡単に売ることができるので便利です。また自分の欲しいものを安く買えるのも嬉しいです。

今回はメルカリ初めて出品するのにおすすめなもの出品時から発送までの際の注意点をまとめました。




メルカリ初めての出品におすすめなものは厚さ3cm以内の文庫本や単行本!

メルカリで初めて出品するのにおすすめなのは厚さ3㎝以内の文庫本や単行本です。

メルカリではバーコード読み取り出品の機能があります。出品時に本のバーコードを読み取ると本の情報が自動入力されます。具体的には商品名と商品説明部分にタイトル、定価、ハッシュタグ、推奨価格などが自動で入力されるのでその分の入力が省けて楽なのです。

そして、文庫本や単行本の大きさで3cm以内であれば、らくらくメルカリ便、ゆうゆうメルカリ便などの匿名配送サービスで比較的安く、宛名書きなしで送付することが出来るのでより簡単です。

尚、バーコード読み取りでの出品は本以外にもゲームソフトやコスメ、家電なども出品可能です。

らくらくメルカリ便・ネコポス(2.5㎝以内)のサイズと料金

らくらくメルカリ便・ネコポスのサイズA4サイズ、厚さ3㎝以内、重さ1kg以内(最小サイズ、23㎝×11.5㎝)

らくらくメルカリ便・ネコポスの料金全国一律175円

※らくらくメルカリ便・ネコポスの厚さ、料金は2020/9月までは厚さ2.5㎝以内、料金195円でしたが

2020/10月から厚さ3㎝以内、料金175円に変更となりました。

 

ゆうゆうメルカリ便・ゆうパケット(3㎝以内)のサイズと料金

ゆうゆうメルカリ便・ゆうパケットのサイズ3辺合計60㎝以内(※長辺:34㎝以内)厚さ3㎝以内・重さ1kg以内

ゆうゆうメルカリ便・ゆうパケットの料金全国一律200円

※ゆうゆうメルカリ便・ゆうパケットの料金は2020/9月までは175円でしたが、2020/10月から料金200円に変更となりました。

 

本を出品から発送の際に注意する点

本を出品時に注意する点

本を出品する際の注意点は、バーコード読み取りで自動で入力された部分に追記で商品の状態を説明しましょう。

商品の状態については ”商品の状態”の項目から

  • 新品、未使用
  • 未使用に近い
  • 目立った傷や汚れなし
  • やや傷や汚れあり
  • 傷や汚れあり
  • 全体的に状態が悪い

の6段階から状態を選ぶことが必須となっていますが、それだけでは商品の状態の詳細がわからず購入を迷ってしまうことがあります。

商品を説明する際は

  • いつ頃買ったものか
  • 何回位読んだのか
  • 目立つ傷や汚れがどの程度あるのか
  • 書き込みや折れがないか

目立つ傷や汚れ、折れ等がある場合はどの部分がどこにあるのかや、その部分の画像も載せて状態を説明しておくことで後々のトラブルを避けることが出来ます。

この部分は若干手間ですが、必ず状態チェックをしたうえで説明し出品しましょう。但し余り細かいことを考えると出品が進まなくなってしまいそうなのですが、一通りはチェックして説明書きに記載しておくとよいです。

尚、初めて出品する前にプロフィールを記入しておきましょう。できれば写真画像もアップロードしておくと印象も良いです。写真は実際の自分の写真でなくても、何かしらの画像で大丈夫です。

プロフィールの記載がないと購入希望でも不安に思って購入されにくいです。自分自身の経験からも、同じ商品があったら高くてもプロフィールが書かれていて内容から安心できる方から購入しようと判断するので、プロフィールは記載しておいた方が良いと思います。

本を発送する際の注意点

発送時の梱包は、市販の封筒等に入れて発送しますが、水濡れ防止のため念の為、本を透明のOPP袋に入れてから封筒に入れると安心です。

万が一雨などで配達までの間に封筒が濡れてしまっても内側がOPP袋に包まれていれば本が濡れるのを防げます。本来は発送後のことまでは責任が持てませんが、お互いに気持ちよく取引をするために、やっておくと安心です。

OPP袋でなくても透明のビニール袋などでも構いませんが、OPP袋に入れると見栄えも良くなるのでおすすめです。

もし厚さに余裕があれば、本の角が傷つかないよう、OPP袋に入れた本をプチプチで梱包し封筒に入れると良いです。


今回は、メルカリで初めての出品におすすめなものは本、そして本を出品時~発送の際に注意することについてまとめました。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする