靴の臭いの原因と防ぐには?洗わずに靴の臭いを取る方法

長時間靴を履いているとどうしても気になるのが靴の中の蒸れ、同時に靴の臭いが気になりませんか?今回は靴の臭いの原因と靴の臭いを取る方法をご紹介します。

靴の臭いの原因は?

靴の臭いの原因は靴の中の雑菌です。

靴の中の雑菌は人間の皮脂や角質をエサにしています。そして雑菌がエサを分解する際に臭いが発生します。

そもそも靴の中は雑菌が繁殖しやすい環境にあります。

その理由は

●靴の中の皮脂や角質などが雑菌のエサになる為、雑菌が繁殖しやすい。

●足は汗腺が多く汗をかきやすい部分であるため、長時間靴を履くことで汗をかき足が蒸れたり、ブーツ等そもそも風通しの悪く蒸れやすい靴の場合、靴の中が高温多湿になり、雑菌が繁殖しやすくなる

上記のことから、靴の中は雑菌が繁殖しやすい環境にあります。靴の臭いを防ぐには靴の中の雑菌を繁殖させないようにすることが重要です。

靴の臭いを防ぐ方法・対策

靴の臭いを防ぐ方法、雑菌繁殖を防ぐ方法としては下記があります。

●足を清潔にする

●靴を長時間履きっぱなしにしない

●同じ靴を続けて履かない

●靴の中の風通しを良くする

●新聞紙を入れて湿気を取る

●靴をよく乾燥させる

●靴下を清潔にする、生乾きの靴下を履かない

●靴に抗菌・防臭効果のあるインソールを使用する

等の方法があります。

靴の臭いがついてしまったら?洗えない靴の臭いを取る方法

仕事中等で常に靴を履いていなければならない状況やそもそも風通しの悪いブーツの場合はどうしても風通しが悪くなりがちです。

一度靴に臭いがついてしまうと除菌をしない限り臭いが取れません。靴の臭いを取る方法はスニーカー等洗える靴の場合は丸洗いするのが一番ですが、靴の素材によっては洗えない靴もあります。靴を洗わずに臭いを取る方法として以下があります。

●重曹で臭いを取る

重曹には靴の中の臭いを中和する作用があります。重曹が弱酸性なのに対し、靴の中の臭いの原因となる物質は酸性の為、重曹を靴の中に入れることで臭いが中和されることで臭いが取れます。

その方法は

重曹の粉を直接靴に振りふりかけて置いておく。(翌日、粉をよくはらって履く)

又は、重曹をお茶パックやだしパック、キッチンペーパー等に包み靴の中に入れておく 等の方法です。

お茶パックやだしパックから重曹がこぼれる場合は二重、三重にするとこぼれにくくなります。

●消毒用エタノールで臭いを取る

消毒用エタノールには除菌作用があるため、消毒用エタノールを靴の中に直接スプレーして、布やキッチンペーパーなどでふき取る。

●10円玉で臭いを取る

10円玉は銅でできて、銅には殺菌効果があります。靴の臭いを取るには靴の中に10円玉を数枚入れておくとよいそうです。10円玉は片方の靴に広げて5~10枚ほどおく。臭いが取れるのは10円玉を置いた周辺のみのため、多めに入れるとより効果的です。

●新聞紙で臭いを取る

新聞紙のインクには消臭効果があると言われています。その為、靴の中に新聞紙を丸めて入れておくことで靴の臭いが取れるのだそうです。

●消臭グッズを使う

靴の除菌や臭い取り用のスプレーや脱臭剤等、様々な消臭グッズが販売されています。消臭グッズはより手軽に靴の消臭対策ができます。

●靴のクリーニングを依頼する

靴のクリーニングはクリーニング店で取り扱っており、店舗以外でも宅配での靴のクリーニングサービスもあります。

料金は数千円程度で靴の種類によって異なります。洗えない靴や長く履いて汚れやカビがついてしまった靴などは、このようなサービスを利用するのも良いかもしれません。


今回は靴の臭いの原因と臭いを取る方法についてご紹介しました。

こまめに靴のお手入れをしてさわやかな足元を目指しましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする